めんこい おうち

5匹の動物達と暮らしています。

Daisuki:D.i.y. Interior. Sweets. Photo. Animal. Nature. Hokkaido.

デグーと出会ってしまった【Degu mouse】

ジロー(2017/09/19 虹の橋に行ってしまった 愛フェレットです)と会えなくなって

悲しい毎日を過ごしていましたが

ある日、旦那さんとの お散歩途中で、 ジローと出会ったペットショップに寄り道した時。

 

偶然出会ったデグー

 

動きが可愛くて可愛くて・・・・連れて帰って来てしまいました(*^-^)

命名

通称ジロー(jiro za emon)(本名は漢字です)の弟分として 我が家にやって来たデグーなので

名前は、通称ゴロー(goro za emon)と命名。(ゴローも漢字はあるんですけどね(^▽^;)

 

誕生日は、ジローと1日違いでしたので何だか縁を感じました。

 

初めてペットショップでデグーを見たとき

小さくて、ちょろちょろ良く動き、一瞬動きが止まった時の表情がなんとも言えず可愛くて

旦那さんと二人で見ていたのですが、二人ともデグーの前から動けなくなっていました(笑)

 

しばらくした後、

「どうしよっか・・・連れて帰ろっか・・・」と、わたし。

「うち 来るか?」と、デグーに話しかける旦那さん。

 

この後、一旦 ペットショップを出て デグーについて ネットで色々と調べてみたのですが、とても飼いやすそうだったため、一安心。

 

温度も、フェレットと似ていて暑いのが苦手みたい。

と、沢山調べまくり 再びペットショップへ。

 

店員さんに 「デグーを見せて下さい。」と声をかけ

わたしは 質問ぜめにしてしまいました(;゜∇゜)スミマセン。

 

そして わかった事は。。。

デグーの特徴

草食動物。

暑いのが苦手(適温は20〜25度)

お風呂には入らない、砂風呂を自分で浴びる。

耳掃除や爪切りも必要無し。

小鳥に近い鳴き声を出す。

人に良くなれる。

賢い。

でもトイレは覚えない。

餌は牧草とデグー用ペレット。

夜行性では無い。

あまり病気はしない。

人間の風邪やインフルエンザは移らない。

ストレスに注意。

予防接種は必要ない。

気をつけるのは、歯の不正咬合(これになると、痛くて餌を食べなくなってくる)と皮膚病(真菌症)、骨折、尻尾が抜ける。

歯は、オレンジ色が健康で白くなると病気。

寿命は5年〜8年。

などなど・・・

こんな感じで とにかく色々と質問し続けてしまいました。

ペットショップの店員さんは、快く的確に全ての質問に答えて下さり、有り難かったです。

 

そして、

「大丈夫そう!」と思い、連れて帰って来ました。

 

フェレットを育てていたため、どうしても病気の面で神経質になってしまい

病気の事ばかり聞いてしまいましたが、そんなに気にしなくても良い感じでした。

でも、ペット保険には その場で加入致しました。

 

直ぐに用意した物

デグーを飼うために 何も用意はしていなかったため、ペットショップで同時に購入したものを書いておきますね。

 

牧草、デグー用ペレット、かじり木コーン、ステップステージ、コーナーステージ、ハンモック、砂浴び用の容器と砂、回し車、給水器、ケージ

ケージ下の引き出しに敷く、ペットシートはジローが使っていた物が沢山残っていたので

買わずにすみました。

 

ペット用品は、ネットで購入する方が断然お安いのですが、直ぐに必要なものは、ペットショップが便利ですね。色々と相談もできますし安心です。

ホームセンターなどにもペット用品は売っていますが、お値段はペットショップと あまり変わりません。

お安さで言うと、やはりネットが断トツお安いです。

 

初めての我が家

初めての我が家では、とても用心深く ちょっとした音にも固まっていました。

(色は、ブルーなのですが、写真写りが茶色になっていますね。。。)

 

 

聴覚が鋭いらしく、ほんの少しの音にも敏感に反応し、ゴローのケージに近寄っただけで固まってしまいます。

なかなか写真も撮れませんでした。

 

それでも、1日、2日と、時間が経つに連れ 慣れて来ているのが わかりました。

 

 

「ピピピ」「ピィ〜」「キュゥキュゥ」など、とても可愛く お話してくるので、こちらも それに答えたり、相槌をうってあげると 喜んで会話が長くなって行きます。

音楽が好きな様で、音楽が聴こえてくると 近ずいて ジーっと聴き入っています。

旦那さんが弾くギターの音にも興味がある様で、喜んで聴いていました。

 

 

部屋に誰も居なくなると「キュゥ〜キュゥ〜」と呼ぶので

「居るよ〜〜〜」と言いながら部屋へ戻ると、「ピピ」「ピー」と、またお話が始まります。

寂しがりやの様です。

 

優しく撫で撫ですると、うっとりとした表情になり、腕が上に上がってくるんです。

もうメロメロです。

 

 

ジローは きっと、ゴローの様子を見てくれているはずです。

ジローが居た場所は、いつでもジローが来れる様に空けてあるので、ゴローは違う場所にケージを置くことに致しました。

 

ゴローを見ていると、ついついジローの事を思い出して辛くなる時もあるのですが・・・

そんな時は、ジローにも声かけをしながら ゴローと触れ合って居ます。

(やっぱりジローは、側に居る感じがします(*^-^)

 

これから、ゴローとの楽しい暮らしを書かせて頂きますね(*゜▽゜)ノ