めんこい おうち

5匹の動物達と暮らしています。

Daisuki:D.i.y. Interior. Sweets. Photo. Animal. Nature. Hokkaido.

怖かった【 北海道胆振東部地震 】動物達の地震前兆行動と体感

北海道胆振東部地震

2018年9月6日3時8分頃、大きな揺れが北海道を襲いました。

この地震が起きた瞬間は、

ドンッ!と下から突き上げられ その後大きな横揺れが続きました。

こんなに大きな地震を体験した事が無かったわたしは、最初 何が起こっているのか理解できず、「地震地震?・・・」と言いながら ベットに掴まっておりました。

 

揺れよりも怖かったのは、ガンガンガンガンガンガン!!!!!と大きな音が鳴り響き、何処かで何かが落ちる音です。

まず心配になったのが、子供達と動物君達でした。

子供達は、もう大きいので わたしが声かけをしなくても 自分たちで判断し 机の下に潜り込んでおりました。

動物君達には、「大丈夫だよ。大丈夫だからね。」と声かけを続けました。

デグーのゴローだけは、地震後 数十分間ずっと「ピー!ピー!ピー!ピー!」と鳴き続けておりました。

ウサギのロクちゃんは、地震直後から ウサギのタップが凄かったです。

他の動物達は、恐怖のあまり固まっておりました。

家の中の確認

揺れが収まった後、電気をつけ 部屋を確認した所、幸いにして、壊れていたり倒れているものはありませんでした。

コップが1個、床に落ち、キッチンの調味料が全て床に転がり、ハンドクリームなどの軽い化粧品類やサプリメント等が床に落ち、物置の中の物が若干落ちている程度でした。

直ぐにテレビを付け、現状を確認致しました。

震源地は、胆振地方中東部・震度7

わたしが住んでおります札幌市は震度5でした。

 

あまりの大きな地震に恐ろしくなり、余震が来る度に、何とも言えない気持ちでおりました。

十数分後、停電になり真っ暗。益々怖さが増しました。

備蓄を意識して

わたしは普段から、災害があった時のためにと、何でも多め多めに購入し、備蓄として置いておく事にしておりました。

水や飲み物・食料品・サプリメント・電池・ウエットティッシュ・薬・トイレットペーパー・ティッシュペーパー・ペット用品などなどの生活必需品は心配ありませんでした。

そして車のガソリンは、なるべくいつも満タンにしていたため、ガソリンの心配も無し。

 

「何でもあるから大丈夫だよ」と家族に伝え、

直ぐに家族全員に懐中電灯を渡し、ラジオのスイッチを入れ、家族でラジオの情報に耳を傾けておりました。

全道で停電だと言う情報に絶句。長期化の覚悟を致しました。

 

 

 

●小さめな懐中電灯をコップに縦に入れ、上からレジ袋を被せると明るくなります。

明るさは、断然LEDの方が明るかったです。

 

わたしの住んでいる地区は、

幸いにも停電から12時間後に復旧されましたが

未だ、復旧されていない地域もあります。1分でも早く電気が復旧しますように。。。

 

今回の停電で、1番困ったのはトイレの水でした。

マンションなので、停電になると水道も止まってしまいます。

日頃からトイレ用の水として2Lのペットボトル7〜8本に水を入れ置いていましたが

家族の人数にもよりますが、我が家は全く足りませんでしたので

これを教訓として、取り置きの水を増やす事に致しました。

前日に台風が過ぎ去った事で一瞬の気の緩みを反省致しました。

 

水汲みに行くにも、ペットボトルを何本も持って行くのは大変です。

その場合は、リュックに入れて運ぶと両手が空く上、運びやすいです。

我が家は、この様な水用タンクを置いてありますので便利でした。

ただ、とても重くなる為、男手が必要かも。。。

 

断水時のトイレの使用法は、こちら→ TOTOさんのサイトに判りやすく載っております。

 

地震前兆体感

地震が起きる2〜3日前から とても嫌な予感胸騒ぎがして、家族に「何だか嫌な予感がする」「何か大変な事が起こりそう・・何だろう・・」と伝えておりました。

体感として、地震の様な揺れを何度も感じておりましたし、金属音の強烈な耳鳴りも続いておりましたので、地震が来るのかな?とも思っておりました。

ですから地震が起きた瞬間「これかぁ・・・」と言う思いもありました。

でも、そう言えば・・・

いつも日本の何処かで地震が起きる寸前には、シャキーン!と急に目覚めていたのですが

今回は、それが有りませんでした。

不思議です。

 

動物達の地震前兆行動は凄かったです。

フェレットのハチは、いつもは のんびり ぽわ〜んとしているのですが、1週間ほど前から 急に足を目掛けて突進して来、噛む様になっておりました。

1代目フェレット(ジロー)の地震前兆行動は ハッキリとあったのですが、ジローとハチの前兆行動は少し違っていますね。

●ジローの地震前兆行動はこちらです → フェレットの地震前兆行動

チンチラのナナは、警戒した様な鳴き声で頻繁に鳴いたり、デグーのゴローは「ピーピーピーピー」とよく鳴くようになっておりました。

のシロは、数週間ほど前から食欲が落ち、時々吐くようになっていました。

ウサギのロクは、反対にジッと大人しく良く眠る様になっておりました。

地震発生数時間前

5日の22時頃からなのですが、外から台風のような『ガタガタガタガタ フゥ〜〜〜〜〜〜 ビュ〜〜〜〜 ゴーーー』と言うような音が聞こえていました。

大阪に住んでいた時に聞いた地鳴りとは少し違っておりました。

まるで前日過ぎ去った台風の再来のようで

「また台風?」「何の音?」と家族で話しながら 窓の外を何度も確認しておりましたが

木の揺れも無く無風状態でしたし、何の音なのか全くわからず 「不思議だね・・気持ち悪いね・・・」と言いながら 23時半くらいには就寝致しました。

 

不思議な音が聞こえ出してから5時間後、北海道胆振東部地震が発生致しました。

現在、8日22時ですが、21時頃から また あの音が頻繁に聞こえております。

また同じように 何度も何度も窓の外を確認しておりますが 無風状態で何の変化もございません。

また、大きな地震が来るのかと、少し不安ではありますが・・ もう暫くの間は用心しながら眠りに就こうと思います。

安全な場所は無い

生まれた時から北海道で生きて来ました(途中、東京や大阪で暮らした事もあります)が、

今まで北海道では台風や地震など無縁だった様な・・

子供の頃から平和に暮らして来たように感じます。

それが、数年前から台風や地震、猛暑、豪雨、などなど自然災害が多く起きるようになり

何処に住んでも安全な場所は無いのだと痛感致しております。

『備えあれば憂いなし』必要なものは備えておきましょう。

何事も最小限でありますように・・