めんこい おうち

5匹の動物達と暮らしています。

Daisuki:D.i.y. Interior. Sweets. Photo. Animal. Nature. Hokkaido.

【 き花 】が大好き【旭川銘菓】霧華

わたしが子どもの頃、一番好きだったお菓子がき花でした。

母もき花が大好きで、よく贈り物でき花を本州の親戚へ送っていたものです。

わたしも大人になり、気がつくと母と同じことをしていました。

だって美味しいんですもん(〃⌒ー⌒〃)

 

 

初めて き花を食べた時は、「こんなに美味しいものがあるんだ!!」と思うくらい感動的でした。

それから 食べて、食べて、食べ過ぎて(笑)

その後、ちょっと飽きてしまい。。。何年も、何年も食べていなかったのですが・・

ここ数年、き花が美味しいと言われている記事を読むたび「うん。うん」と嬉しくなっていた所でした。

 

き花の事を色々と調べてみたのですが

最近は、サイズも2種類あるんですね〜

通常は7cmのき花ですが、き花プティモは、5cm。

『可愛いのプティ』と、『格別のプリモ』を合わせて『プティモ』になったそうです。

やっぱりクーベルチュールホワイトチョコレート

わたしが知っている き花は、クーベルチュールホワイトチョコレートを、アーモンドガレットでサンドしたスイーツでした。

今では、いちごやショコラバージョンもあり驚きです。

 

どれも食べてみたいのですが、わたしの中では『き花』と言えばやっぱりクーベルチュールホワイトチョコですね。

き花は、霧華と書くのですが、これはダイアモンドダストの事らしいです。

厳しい北海道の冬の美しさをイメージして作られたスイーツなんですね。

壺屋さんのケーキが大好きだった

き花は壺屋さんのお菓子なのですが、わたしは子どもの頃から壺屋のケーキで育ってきたようなものでして、とにかく大好きだったんです!

(我が家では、壺屋さんと呼んでいました。)

誕生日やクリスマスには、必ず壺屋さんのワンホールケーキでした。

 

大人になってからも、時々食べたくなり よく壺屋さんに行き、1〜2個だけを買っては食べていたんですよ。

札幌にあったケーキ屋さんの壺屋が 十数年前に無くなってしまい 壺屋のケーキを食べる事が出来なくて、それからずっと残念でいました。

今、壺屋さんにケーキはあるのかなぁ〜。札幌に帰ってきた事ですし、現在の壺屋さん『壺屋・T's KITCHEN』に今度、行ってみようと思います(๑❛ᴗ❛๑)

 

き花の社

旭川の『き花の社』には、まだ一度も行った事が無いのですが、ココ行きたいんですよ〜。

旭川くらい直ぐ行ってくればいいのに・・・と思う方も多いと思うのですが・・・

北海道は、でっかいどうでして、札幌〜旭川の距離は140〜150kmほどです。

JRですと2時間くらいかかります。

車ですと高速を使っても1時間50分くらいでしょうか・・

お買い物ついでに ちょっと・・・の距離では無いんですよね。

今は、愛フェレットの介護があるので 遠出が出来ない状態ですので・・・

行ける時に行って来ようと思っています。

 

本当に美味しいですからね〜

是非、食べてみてくださいね(*゜▽゜)ノ